デイズ 値引き

日産デイズ(DAYZ)値引きテクニック

日産デイズを可能な限り低価格で購入したくありませんか?
日産車の中で、ワゴンタイプの軽自動車として最も人気のデイズは、2014年2月にスーパーハイトワゴンタイプが販売されました。都内に住む私は、軽自動車が便利で愛用しています。そろそろ新型デイズに乗り換えようかと思っていました。しかし2014年消費税が3%あがります。これはは大きいですよね。でも、2014年の4月からは、自動車税が下がります。消費税アップに間に合わなくても今ならデイズは買い時だと思います。
しかしながら消費税が上がるということは、車以外にも影響があって今後の生活も考えてなるべく出費は押さえたい所です。そこで日産デイズを値引きで購入する方法をいろいろ調べました。
今回は、調査した中から値引き効果がある方法紹介します。

 

まずは、車専門誌に載っていた効果的な値引きの方法です。(実際前回私は実践していますので安心を!)

決算期(2月?3月)、ボーナス時期(6、7月、12月)、月末(20日過ぎ)に交渉。
日産デイズのライバル車(ワゴンR、ムーヴ)と競合させる
デイズの販売店である、近隣の地域のディーラー店で競合させる
セダンならシーマ、ミニバンならセレナと迷っていると車のタイプも迷っているふりをする

 この方法を使ってみると、日産デイズは15万円前後ほどは値引き(雑誌調べの限界値引き額は13万円)が成功しやすいです。まぁ、今年発売された日産の人気軽自動車ですから、これ以上は望めないのかもしれません。でも、家計を考えると、軽自動車と言えど、もっと日産デイズを値引きしたいですよね?
 そこで、最も効果的な方法を見つけて実践しました。一番効果があったものは、下取り予定の愛車をネットで買取査定して高く売ることでした。

 

下取りより買取です!

 

これにより、販売店がはじめに提示した下取り価格より、30万円以上高く売れたのです。
 買取となると、中古車店にいくつも回って面倒くさいと思いがちですが、実はとても簡単で、複数の買取業者からインターネット経由で見積もりをもらい、その中から最高額を提示してくれてところに売るだけです。今回は、売りたい車を一括で、しかも無料でできるサービスの中から私のオススメなサービスを紹介いたしますのでぜひ参考にして下さいね

 

今すぐ愛車を査定するならこちら↓が便利♪

車査定会社ランキング

車査定なら、この3社を押さえましょう!
ここから一番高い見積もりで愛車の買取をお願いしましょう!

 

ズバット
全国151社から、最大10社の見積もり比較ができます。

カスタマーサポートセンターでの丁寧親切なサポートがあるので、安心です。
はじめて車を売る人にも、おすすめです。
公式はこちら

簡単査定
最大10社の見積もり比較が出来ます。

車両情報の入力が楽です。
買取り査定の基礎知識などを、わかりやすく載せてくれていますので、それだけでも、一読の価値大!です。
公式はこちら

カーセンサー
メーカー・車種の相場・おすすめ情報。

買取完全ガイド。
買取Q&A。
買取額UPのお手軽テクニック54。
…など、魅力のある情報を載せてくれています。
公式はこちら

日産DAYZの特徴

日産のデイズは、日産自動車と三菱自動車が共同で開発した軽トールワゴンで、三菱が製造を行い、日産が販売を行っています。

 

デイズと同時期に開発された三菱の軽トールワゴン・3代目eKは、デイズの姉妹車という位置づけになります。
エンジンには新開発の3気筒3B20型を、トランスミッションにはエクストロニックCVTを搭載しており、いずれも、三菱eKと同等のものが使用されています。
これにより、平成17年基準排出ガス75%低減レベル認定を取得するほか、グレード別設定となる、「停車前アイドリングストップ」を併用することによって、燃費29.2km/Lを達成するなど、優れた環境性能を発揮しています。
さらに、軽自動車初となる「アラウンドビューモニター」を搭載したグレードなら、駐車スペースへのスムーズなパーキングが可能になります。
広々とした視界もまた、普段乗りとして開発されたノートらしい特徴と言えるでしょう。普段乗りには、フレンドリーで開放的なインテリアがポイントの「日産・デイズ」が、さらにスタイリッシュでスポーティなデイズを求めるなら、エクステリアにエアロパーツを配し、高級感と上質感があふれるインテリアが特徴の「日産・デイズ ハイウェイスター」がおすすめです。
このほか、エクステリア・インテリアに専用のパーツを装備したカスタマイズカー「日産・デイズ ライダー」や、福祉車両モデルの「日産・デイズ ライフケアビークル」といった豊富なラインナップが用意されていますので、それぞれのライフスタイルにあったデイズがきっと見つかることでしょう。